ピクノジェノールのADHDへの効果は?

私が大学のころ、障害児医学の講義では「ADHDは診断が正しくできれば、劇的に効果を現す薬があります。それはリタリンという薬です」と習っていました。でも、その常識(!?)がくつがえっているんですね。驚きました。


そのリタリンの代わりになるというのがピクノジェノールなんだそうです。臨床実験では、平成15年当事でリタリンを服薬していた25名のADHDの子がピクノジェノールへの切り替えをしたのだそうです。そして、70%の有効率があったのだそうです。特に注目すべきなのは多動については、飲み始めて2週間ぐらいで効果が現れたという調査報告もありました。研究当初は純粋なADHD(他の障害を合併していないもの)について有効だといわれてきたのだそうですが、学習障害やチック性障害、自閉症などの他の障害を併せ持つ人にも試験的に試したところ、半数以上の人に効果が現れたとのことです。


なぜリタリンからの切り替えを研究されているのかというと、リタリンには薬物依存を起こしやすいのだそうです。朝、リタリンを飲んだとすると夕方には効き目が切れてきて、倦怠感、脱力感を感じ、もっと薬が欲しくなってしまうそうです。ピクノジェノールにはこのような薬物依存は引き起こさないのだそうです。


薬物依存性のあるリタリンと、依存性のないピクノジェノール、あなたならどちらを選びますか?

杉本彩さんが勧めるピクノジェノールとは?

女優、杉本彩さんは、テレビ『主治医が見つかる診療所』でシミ予備軍のチェックを受けたところ、シミ予備軍ゼロだったそうです。杉本彩さんの年齢38歳。衝撃を受けました。私なんて、お手入れを怠っていたせいか、29歳にしてうっすらと黒い影が…(>_<)


そんな美肌の持ち主、杉本彩さんが使っているのがピクノジェノールなのだそうです。杉本彩さんはピクノジェノールの効果に魅了され、自らもピクノジェノールを使ったサプリメントをプロデュースしていらっしゃるほど。杉本彩さんのプロデュースしているサプリメントはアンデスティノサビンナというもので、ピクノジェノールはもちろんのこと、ヒアルロン酸やコラーゲン、スーパービタミンE、L−シスチン、アミノ酸なども配合されているのだそうです。


杉本彩さんはアンデスティノのホームページで、サビンナを次のような方に飲んで欲しいと言っています。ハリ・艶・毛穴が気になる人、足が冷たくなったり肩こりのある人、長時間の事務作業や立ち仕事で足がつらい人、日焼け後の色素沈着が気になる人、月経周期に伴う辛さで悩んでいる人。


1日に飲む目安は6粒を2回に分けて飲むのがいいようで、食事中や食後に飲むのがいいのだそうです。価格は45粒入りが4200円、45粒入りの4袋入りが15750円、サプリ5本と45粒入りの飲む美肌セットが10500円なのだそうです。


杉本彩さんのように、美しくありたいと思う方、いかがでしょうか?私も飲んでみようかなー。今からでも大丈夫かしら?

ピクノジェノールのADHDへの効果は?

私が大学のころ、障害児医学の講義では「ADHDは診断が正しくできれば、劇的に効果を現す薬があります。それはリタリンという薬です」と習っていました。でも、その常識(!?)がくつがえっているんですね。驚きました。


そのリタリンの代わりになるというのがピクノジェノールなんだそうです。臨床実験では、平成15年当事でリタリンを服薬していた25名のADHDの子がピクノジェノールへの切り替えをしたのだそうです。そして、70%の有効率があったのだそうです。特に注目すべきなのは多動については、飲み始めて2週間ぐらいで効果が現れたという調査報告もありました。研究当初は純粋なADHD(他の障害を合併していないもの)について有効だといわれてきたのだそうですが、学習障害やチック性障害、自閉症などの他の障害を併せ持つ人にも試験的に試したところ、半数以上の人に効果が現れたとのことです。


なぜリタリンからの切り替えを研究されているのかというと、リタリンには薬物依存を起こしやすいのだそうです。朝、リタリンを飲んだとすると夕方には効き目が切れてきて、倦怠感、脱力感を感じ、もっと薬が欲しくなってしまうそうです。ピクノジェノールにはこのような薬物依存は引き起こさないのだそうです。


薬物依存性のあるリタリンと、依存性のないピクノジェノール、あなたならどちらを選びますか?

ピクノジェノールの配合された化粧品にはどんなものがあるの?

健康や美容に効果があるとされているピクノジェノール。サプリメントだけでなく、化粧品にも配合されているものがたくさんあるようです。どんなものがあるのでしょうか?調べてみました。


まずは、ペスカインターナショナルから販売されているペスカ ルビ ピクノジェル 120mlです。これは、ピクノジェノールが配合されたサロン仕様のジェルなのだとか。顔の筋力を高め、ツヤやハリのある肌になるのだそうです。値段はケンコーコムでは6090円でした。


次に、ペスカ ルビ ピクノリンクルモイスチャー 30gです。これもピクノジェノールが配合されたサロン仕様のクリームなのだそうです。これはクリームなのにスーッと肌になじんでべた付かないのが特徴なのだそうです。値段はケンコーコムでは8400円でした。


次はフューチャーラボから販売されているデルマキュー2 薬用ホワイトニングローションVCです。これは、ピクノジェノールの他に安定型ビタミンC、グリチルリチン酸ジカリウムが配合されているそうです。メラニンができるのを抑える働きがあるので、日焼けによるシミやソバカスができるのを防ぐことができるのだとか。値段はケンコーコムでは3990円でした。なお、これは医薬部外品に含まれるのだそうです。


ピクノジェノールは、サプリメントとして飲むだけでなく、化粧品として肌につけても効果を発揮するのですね。若々しくいたい女性の皆さま、ピクノジェノール配合の化粧品はいかがでしょうか?

ピクノジェノールとは?

ピクノジェノール…舌をかみそうな名前ですが(笑)、どんなものなのでしょうか?調べてみました。


ピクノジェノールとは、フラバンジェノールとも言って、フランスの南西部に生息しているフランス海岸松という植物の樹皮から取れる天然食材なのだそうです。欧米では、40年以上前から研究されているのだそうです。ピクノジェノールにはポリフェノールが92%も含まれていて、大変優れた抗酸化力を発揮するのだとか。抗酸化物質として有名なビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍のパワーを発揮するというのだから驚きですね。他にも、ビタミンCやビタミンEの生理活性効果を上げて、体内の血管を守ったり、皮膚の老化や炎症や活性酸素からのダメージから細胞を守ったりする働きや、ビタミンC、E、コラーゲンの働きを助ける役割、老化防止、ガン・心臓病・脳血栓などの成人病の予防、アレルギー体質の改善にも役立つのだそうです。


そんな抗酸化物質であるピクノジェノールは、サプリメントや化粧品などに配合されています。ピクノジェノールはケンコーコムでも取り扱っていますが、40種類以上のフラボノイドが含まれているんだそうですよ。


元気で長生きしたい、いつまでも美しくいたいという方、ピクノジェノールはいかがですか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。